タヒボ~神からの恵みの木~Part6

ガンによる死亡率がトップになってから久しいものですが、ガンと診断されると、どのような治療が施されるでしょう。

現在行われている治療法には、外科治療、放射線治療、化学療法の三本柱がありますが、それに加えて最近最も注目され、新しい治療法の柱の一つになろうとしているのが「免疫療法」です。

2007年5月には千葉大学大学院医学研究院の中山俊憲教授の研究グループが「免疫療法」で、実際の患者のガンを縮小させることに成功したと発表しました。

宮城県立ガンセンター研究所免疫学部長の海老名博士は、タヒボの免疫力効果について実験をしたところ、「免疫賦活作用」の特徴を述べられています。

参考文献:「神からの恵みの木タヒボ」~ヘルス・凪文庫

タヒボ~神からの恵みの木~Part5

タヒボの抽出物を投与したマウスのガン細胞は、アポトーシスが起きていることが確認されました。そして、興味深いことに、アポトーシスが起こっていたのはガン細胞だけで、正常細胞である抹消血リンパ球に対しては、アポトーシスを誘導していませんでした。

つまり、タヒボは正常な細胞とガン細胞を区別し、ガン細胞だけを直接攻撃して、
細胞自殺に追い込んだのです。

参考文献:「神からの恵みの木タヒボ」~ヘルス・凪文庫

タヒボ~神からの恵みの木~Part4

人間には本来自分で病気を治す力(免疫力)が備わっているのですが、現代のストレス社会、大気汚染、食品添加物、残留農薬等のために、免疫力が非常に弱まっています。

そこで、今最も注目されているのが、タヒボです。タヒボは、ガン細胞に「アポトーシス(細胞自殺)」を誘導させる作用と共に、ガンの転移、浸潤抑制、血管新生阻害なども研究されています。

参考文献:「神からの恵みの木タヒボ」~ヘルス・凪文庫

タヒボ~神からの恵みの木~Part3

死亡原因の第一位はガンで、最も恐ろしい病気の一つです。
ガンという名のいわれは、「岩」、つまり岩のように硬いというところから呼ばれています。

タヒボが注目されるきっかけとなったのは、末期ガン患者への鎮静剤として用いられるようになってからです。

タヒボの投与を続けていくうちに、多くの患者に様々な現象が見られ、末期の方でも社会復帰した例などが増えだして、大山泌尿科院長の大山博士などの医師をはじめとした研究者に耳目を集めるようになったのです。

参考文献:「神からの恵みの木タヒボ」~ヘルス・凪文庫

タヒボ~神からの恵みの木~Part2

アコーシ博士は長期間にわたって、さまざまな段階にあるガンの患者に、タヒボの内部樹皮を煎じたものを飲ませました。

アコーシ博士のグループによる研究が進むにつれて、タヒボの効能はより広い範囲に実証されています。ガンはもちろんのこと、循環器系、糖尿、腎臓、肝臓、神経痛やリウマチなどの症例もあるのです。

参考文献:「神からの恵みの木タヒボ」~ヘルス・凪文庫

タヒボ~神からの恵みの木~Part.1

薬草の宝庫とも言われているアマゾン原産である「タヒボ」は、ノウゼンカズラ科に属する樹木で、樹高は約30メートル、幹の直径は1.5メートルにも達する薬木のことです。

1,500年以上前から飲用され、古代インカ帝国時代に、先住民は、その内部樹皮を煎じて、病気から回復や
日常の健康保持のために利用していたと言われています。

タヒボが脚光を浴びるようになったのは、ブラジル・サンパウロ大学名誉教授であり、植物学の世界的権威者の、ウォルター・ラダメス・アコーシ博士によって、タヒボの研究報告がなされたからです。

参考文献:「神からの恵みの木タヒボ」~ヘルス・凪文庫