「補う」高麗人蔘


インフルエンザに感染する人、しない人のちがいは免疫力の強さです。
また、病気は弱いところに表れるという性質があります。
血管でも臓器でも同じ圧力やストレスを受けたら、
弱いところが破れたり炎症を起こすようになっています。

ちょっと無理をした程度ならぐっすり休んで疲れをとれば
回復に向かいますが、慢性的なストレスのある場合などは
簡単にはいきません。しかし、「養生」を続けることで
難しい病気が回復することもあります。

この場合の「養生」とは「補う」ということです。
不足している「氣」を補うことができれば治癒につながるのです。
高麗人蔘は「補氣剤」といわれ、七効説のひとつに
「補氣救脱(ほききゅうだつ)」があります。
これは氣を補い虚脱を救うというもので、続けることで
「滋養強壮」をもたらします。体質の強化・改善が期待できます。


「はじめての高麗人蔘」(監修・長谷川秀夫)より抜粋

「出す」高麗人蔘


私たちの体は、老化に伴い体内に老廃物や有害物質などの毒が蓄積します。
これは内臓の働きが低下し十分に解毒・排泄機能が作用していないことに
原因があります。ですから、出すためにはまず内臓の働きを強めることです。

ところで、出すことの目的は血液浄化、体質改善です。
極論すれば疲れやすいのも風邪をひきやすいのも肩がこりやすいのも
ガンになるのも、血液が汚れることにより免疫が低下したためといえます。

また、漢方には「汗・吐・下」という言葉があり、
「病気は出て治る」といいます。

高麗人蔘は、内臓の働きを高め、汗、尿、大便などで不要(余分)なものを
出し、血液・体液を浄化してくれます。

「温める」高麗人蔘


高麗人蔘には代表的な七つの効果(七効説)があるとされ、
その中に健脾止瀉(けんびししゃ)、補肺定喘(ほはいていぜん)
というものがあります。
これは、直訳すれば「胃腸を健やかにし下痢を止める」、
「肺を補って喘息を止める」ということになります。

また同じく、七効説の中に益血復脈(えっけつふくみゃく)という
効果があるとされています。
これは貧血を改善し酸素たっぷりの赤血球をつくること(益血)、
心臓の働きを強め(復脈)抹消に至る血液循環を改善することで
手足を温めるということです。


「はじめての高麗人蔘」(監修・長谷川秀夫)より抜粋

暑い日には「高麗人参」がおススメ


毎日、毎日40度にも迫る暑さが続きます。

そこで注意をする必要があるのが、冷たいものの摂り過ぎですね。

暑い時に冷たい飲み物を摂ると、さわやかな快適を感じますが、
飲み過ぎると次第に胃腸の具合に影響があります。

高麗人参には『七効説』という七つの伝わる効能効果があります。
そのうちの一つに、健脾止瀉(けんびししゃ) と言って、
“胃腸を健やかにし下痢を止める”効果が伝えられています。

夏バテ対策にも十分な活躍ができる「高麗人参」。
毎日飲んで、まだまだ暑い夏を乗り越えたいですね。