「補う」高麗人蔘


インフルエンザに感染する人、しない人のちがいは免疫力の強さです。
また、病気は弱いところに表れるという性質があります。
血管でも臓器でも同じ圧力やストレスを受けたら、
弱いところが破れたり炎症を起こすようになっています。

ちょっと無理をした程度ならぐっすり休んで疲れをとれば
回復に向かいますが、慢性的なストレスのある場合などは
簡単にはいきません。しかし、「養生」を続けることで
難しい病気が回復することもあります。

この場合の「養生」とは「補う」ということです。
不足している「氣」を補うことができれば治癒につながるのです。
高麗人蔘は「補氣剤」といわれ、七効説のひとつに
「補氣救脱(ほききゅうだつ)」があります。
これは氣を補い虚脱を救うというもので、続けることで
「滋養強壮」をもたらします。体質の強化・改善が期待できます。


「はじめての高麗人蔘」(監修・長谷川秀夫)より抜粋